貸事務所や店舗併用住宅で事業を始めよう│不動産で楽々ビジネス

海外のマンション

営業しやすい

    店舗運営をするときには、よほどのお金持ちでもない限り、最初から店舗併用住宅を建築して経営をスタートすることなど不可能だからです。 開業して数年が経過して、経営が安定するようになったら(貯金もできるようになってくれば)、今ある店舗の近くで店舗併用住宅を建築することを検討してみてはいかがでしょうか。 テナントとして、今の店舗で経営を継続する限りにおいては賃料を払い続けなければなりません。そして、この賃料は固定費であり、人件費と並んで2大固定費と呼ばれており経営者にとって悩みの種になります。

    したがって、今の賃借物件で経営が安定するようになったら、その物件の近くで店舗併用住宅を建築するのです。建築しようとする物件の規模にもよりますが、住宅ローンの利用もできますので今払っている店舗の賃料よりも毎月の住宅ローンの支払いのほうが安くなることも珍しくありません。 「結局、住宅ローンを支払い続けるのだから、今の賃借店舗と変わらないではないか」と考える方もいるかもしれません。しかし、賃借物件の場合は、店舗経営を続ける限り賃料を支払いつづけなければなりませんが、店舗併用住宅の場合には、ローンの支払いが完了すれば2大固定費の一つが発生しないのと同様の効果を得られるわけです。 店舗併用住宅は大手ハウスメーカーであれば、豊富な商品ラインナップを持っていますから、気軽に相談してみると良いでしょう。