貸事務所や店舗併用住宅で事業を始めよう│不動産で楽々ビジネス

新しい洗面所

ビルを所有する

    ビルなどを所有し、賃貸経営などを行っている場合、賃借人管理とともに、ビル管理が必要になります。これは、自らの所有物であるビルを保守管理するとともに、賃貸人としての責任でもあります。 しかし、単数のビルを本業として管理するのではない限り、所有者自らビル管理を行うことは、あまり合理的でも現実的でもありません。保守管理は、雑務が少なくないので、作業の内容の割には、時間も手間もかかってしまうからです。 そこで活用したいのが、ビル管理の外注です。具体的には、個別に管理人を置いたり、管理会社に委託する方法などがあります。 東京で複数のビルの管理を委託する場合には、管理会社を利用するのが合理的であると考えられるのです。

    上で述べたように、複数のビル管理を委託する場合には、単一の管理会社を利用するのが合理的ですが、それぞれのビルについて、異なる管理会社を利用するという選択肢もあります。 管理会社自体、複数のビルを受け持っているのが一般的なので、どちらでも管理の内容は異なるものではありません。 しかし、ビルの立地や利用形態などによっては、それぞれ異なる管理会社に委託するのが適切であることもあるのです。現状では、特定の管理会社に一括して委託する形が一般的です。しかし、管理形態によって、それぞれのビルの商品価値に大きく影響します。そこで、多少手間がかかりますが、それぞれのビルについて、適切な管理会社を選択する方法が検討されつつあるのです。